まちかど情報室のアイデアグッズ、便利グッズ





秋 “マツタケ”が食べたい:2012年9月19日

先日、お昼ご飯に寿司屋さんに入ったら、秋のメニューに代わっていて、松茸の土瓶蒸しや松茸の握りなどが表示されていて、かなりの残暑にもかかわらず秋の雰囲気を味わうことができました。但し、そこには中国産と書かれていました。日本の松茸は年々少なくなってしまった様です。今年の秋は中国産の松茸がこれまで通りに入って来るのでしょうか?日中関係が少しきな臭い感じですから・・・。そんな訳で、アイデアグッズ、便利グッズを紹介する「まちかど情報室」の平成24年9月19日(水)のテーマは「秋の味覚を代表するマツタケ。色々な楽しみ方が出来るアイデア、登場しています」で、まつたけに関するアイデアです。

1———————
★この情報は「マツタケのコース料理とマツタケ狩り」です。
問い合わせ:松茸山 城山園、電話:0268-38-3152

◆放送内容のまとめ
鹿島アナが紹介しました。長野県はマツタケの生産量日本一です。鹿島アナが或る所を訪問すると滝澤さんが迎えてくれました。そして、先ず松茸を探すところから始めました。すごい山の中を散策しています。「松から1メートルぐらい離れた所、こういう所に松茸が土を持ち上げて来る」と滝澤さん。「根っこが邪魔になっていない所ですか?」と鹿島アナが言いながら一生懸命探しました。ところが30分かけても何も見つけることが出来ませんでした。そこで、料理を食べ始めました。実は、これはキノコ狩りとセットになっている、まったけのコース料理です。鹿島アナが美味しそうに食べていて「マツタケのジュースが口の中に広がります」と幸せそうです。

 

2———————
★このグッズは「食感と見た目がそっくりなシイタケ」です。
問い合わせ:世羅きのこ園
、電話:0847-25-5156

◆放送内容のまとめ
広島県の世羅町です。ここで見つけた松茸はとても立派です。ところが値段はとても安いのです。これをバター焼きで食べてみました。「食感がすごく良いですよ」とお客さんがコメントしました。「風味も良くて歯ごたえも有るし美味しいです」と他のお客さん。実は、これは松茸にそっくりのシイタケの一種です。特徴は、工場で人口栽培します。おが屑を固めたところに菌を植えて増やして行きます。年間を通して栽培できるので安価で販売する事が出来ます。「味をしっかりしているし天ぷらにしたら、酢あげにしてポン酢で食べても美味しい」とお客さん。

 

3———————
★このグッズは「マツタケの香りがする線香」で
製品名は「松茸の香」です。
問い合わせ:株式会社奥野晴明堂、電話:072-232-0405
楽天、アマゾンで扱いが有ります。

◆放送内容のまとめ
永田さん一家です。亡くなられたおじさんは松茸が大好きだったそうです。そこで、この線香を使っています。この線香に火をつけると松茸の香りがします。これは松茸にそっくりの香料が練りこまれた線香です。そこで、おじいちゃんには線香と一緒にお酒をお供えします。お線香でお参りをした後は家族全員で普通の五目ちらしを食べます。でも、「シイタケしか入っていないのに松茸の香りで、ご馳走のイメージです」と奥さん。「天国のおじいちゃんも喜んでいるんじゃないかなと思います。松茸と日本酒を楽しんでもらえればと思います」とお孫さん。

ブログトップへ

・商品名は当サイト管理者が番組中の映像と問い合わせ先サイトを参考に推測したものです。
・サイト内の内容は放送日時点の内容です。
・製品を購入される、或いはサービスを受けられる際には各々の特性や使用上の制限等を
メーカー、販売会社に十分ご確認ください。

Sponsored Link