まちかど情報室のアイデアグッズ、便利グッズ





手軽に花粉症対策【つばから風が出る帽子、扇風機に取り付けて使うフィルター、鼻に取り付けて使うマスク】:2013年2月5日

今年の花粉の飛散量は例年に比べて多いのでしょうか?幸いにして私はまだ花粉症の症状は出ていませんが、私の回りではかなりの人が花粉症で苦しんでいます。必要以上に杉が増えてしまった事が原因の様ですが、すぐに杉が伐採出来るわけが無いので、私たちで身を守らなければなりません。そこで、アイデアグッズ、便利グッズを紹介する「まちかど情報室」の平成25年2月5日(火)のテーマは「花粉が飛び始めるこの季節。手軽にできる花粉症対策のアイデアです」で、花粉症に関するアイデアです。

1———————
★このグッズは「つばから風が出る帽子」で
製品名は「魔女の帽子」です。
問い合わせ:株式会社 工房利匠、電話:0295-52-2801
楽天、アマゾンで扱いが有りません。

135 ◆まちかど情報室の放送内容
愛犬の散歩が日課の小林さんと友人の菅野さんですが、花粉が飛んでいるこの時期の犬の散歩は大変です。そこで、この帽子を使っています。二人とも、それぞれ好みの帽子を被っていますが、ツバの裏にホースが付いていて、そのホースには小さな穴があいています。このホースは、四角い送風機とつながっていて、それをポケットに入れておきます。その送風機にはフィルターが付いているので綺麗に浄化された空気だけがホースを通って穴から顔の前に出て来ます。この風で花粉を防ぐと言うものです。放送内では実際に実験をしてみました。花粉と同じ大きさのピンクの粉を使って、風を出した状態でこの粉を吹きかけました。すると、粉が顔に近づいて行きません。つまり、顔の前に空気のカーテンができた状態で、鼻や目に入りにくくなるのです。ツバの裏につけている小さなフックは取り外しが出来るので、自分の好きな帽子にくっつけて使うことができます。風の強い日などは効果が薄れますが、自分の好きな帽子で、この様な対策がとれるので便利だそうです。小林さんのコメントです、「帽子はかぶるだけだから楽です。好きな帽子に取付けられるから良いですね」。

 

2———————
★このグッズは「扇風機に取り付けて使うフィルター」で
製品名は「花粉とるとるフィルター」です。
問い合わせ:株式会社サンロード、電話:0744-23-4139
楽天、アマゾンで扱いが有りません。

136 ◆まちかど情報室の放送内容
三年前から花粉症の症状が出始めた岡本さんです。家に帰ると、衣服に付いている花粉をはたいてから部屋の中に入ります。そこで、カバーが付いている扇風機をもち出しました。このカバーはフィルターになっていて、何処の家庭にも有る扇風機にかぶせるだけで、ある程度の花粉やほこりを取り除いてくれると言うものです。風は通すが花粉やほこりを吸着させる特殊な素材を使っています。実際に花粉と同じ大きさのピンクの粉を出してみると、これを吸い込んでフィルターにくっつけています。メーカーによると、8帖の部屋で、10分間程回して置くと、空気中の花粉やホコリを吸い取ってくれる効果が有ります。又、フィルターは1、2ヶ月程で交換して欲しいとのことです。岡本さんのコメントでして、「扇風機がシーズンオフの時に利用できる。エコ、有効利用してる感じで、気軽に迷うことなく設置できると思います」。このグッズのヒントになった物は、小さなホコリも許されない精密機械の工場で、マスクや帽子に使っている素材です。これが一般の家庭でも生かせるのでは無いか?と考えて作りました。

 

3———————
★このグッズは「鼻に取り付けて使うマスク」で
製品名は「ノーズマスクピット」です。
問い合わせ:バイオインターナショナル株式会社、電話:0120-987-726
089-927-0237
楽天、アマゾンで扱いが有ります。


楽天最安値

◆まちかど情報室の放送内容
ジョギングが趣味の青崎さんは、この時期もマスク、眼鏡などをつけてフル装備で出かけます。でも、「鼻水がすごくて、鼻をかみ過ぎると耳にも来ます」と青崎さん。そこで、このグッズを使い始めました。これは、鼻の穴の中に入れて使うマスクです。下の薄いフィルターが花粉を取り除き、更に、上のスポンジ部分は吸収力が高くて鼻水を吸い込んでくれます。使い方は、あらかじめ水に濡らして軽く絞ったうえで装着します。そうする事で鼻の中に気持ちよくフィットして、呼吸を妨げることも無いそうです。更に、これを鼻に装着しても全く目立ちません。青崎さんのコメントです、「走りながらたまに鼻をかむっていう、それが無くなったのですごく楽です。手軽ですね」。

 

ブログトップへ

・商品名は当サイト管理者が番組中の映像と問い合わせ先サイトを参考に推測したものです。
・サイト内の内容は放送日時点の内容です。
・製品を購入される、或いはサービスを受けられる際には各々の特性や使用上の制限等を
メーカー、販売会社に十分ご確認ください。

Sponsored Link