まちかど情報室のアイデアグッズ、便利グッズ





セレクション・捨てないで使ちゃおう!:2012年8月28日

やはり今年のセ・リーグは終わってしまった様ですネ。先日も書ましたが、何とか中日ドラゴンズに頑張って頂いて、少しでも長くセ・リーグを盛り上げて頂きたいと思いました。しかし、巨人にマジックナンバーが点灯してからは、その減り方は尋常ではありません。もう少し中日ドラゴンズに頑張って貰わ無いと、夏の暑さだけが残って、プロ野球に対する興味は半減です。少しがっかりしてしまったの私だけでは無いでしょう。さて、アイデアグッズ、便利グッズを紹介する「まちかど情報室」の平成24年8月28日(火)のテーマは「ワインボトルやペットボトルを再利用するアイデアをセレクションとしてお伝えします」で、ワインボトルやペットボトルの再利用に関する6月25日の再放送のアイデアです。

1———————

★このグッズは「ワインボトルでおしゃれなお皿」で
製品名は「funew」です。
問い合わせ:木本硝子株式会社
、電話:03-3851-9668
楽天、アマゾンで扱いが有ります

東京恵比寿のレストランです。注文した料理が出て来ました。よく見ると、変ったお皿です。この皿は、飲み終わったワインボトルをぺちゃんこにしました。ワインボトルは色々な色の物が有るので、一般的なガラスビンに比べてリサイクルしづらいそうです。それを何とか生かす為に東京のガラス工房が試行錯誤を繰り返して、500℃の熱で24時間加熱するとぺちゃんこになることを発見しました。そして、これを皿として使えるのでは無いか?と売り出したそうです。因みに、ビンそのものの重さで勝手に、自然にぺちゃんこになるので、全て形が微妙に違うのです。お客さんのコメントです、「びっくりしました!ワインボトルだと思わ無かったので・・・」。店長の丸山さんのコメントです、「見た目のインパクト、ちょっとしたパフォーマンス、楽しんでいただけるなと思います」。これは江戸切り子の工房がこのアイデを考えました。ぺちゃんこにする物以外にカットしたものや、江戸切り子を生かしたコップが有ります。

2———————

★このグッズは「ペットボトルを生かした鉛筆削り」で
製品名は「ケズリキャップ」です。
問い合わせ:シヤチハタ株式会社、電話:052-523-6935
楽天、アマゾンで扱いが有ります

橋本さんのお宅では使い終わったペットボトルにこれを取付て使っています。これは、ペットボトルに付けて使える専用の鉛筆削りです。裏には刃が付いていて、殆んどのペットボトルの口にはまるそうです。一般的な鉛筆削りはクズが飛び散って大変ですが、これだと直接ごみ箱の中にペットボトルから捨てることが出来ます。息子さんのコメントです、「よく削れるのが良かった」。お母さんのコメントです、「たまって行くのが面白くて、どれだけ勉強したか分るかな、随分くずが溜まったねと言うのがうれしいみたいです」。

3———————

★このグッズは「ペットボトルのキャップでアクセサリー」で
製品名は「キャップデコール」です。
問い合わせ:ピープル株式会社、電話:03-3862-3739
楽天、アマゾンで扱いが有ります

秋山さんの親子です。娘さんの帽子に沢山の可愛いアクセサリーが付いていますが、これはペットボトルのキャップを使った、手作りのアクセサリーです。そして、これは、このグッズを使って作ります。先ずキャップに突起の付いター留め具を入れて、おもちゃにセットして、そこに自分のお気に入りの布を好きな形に切り抜いて置いて行きます。最後はその布を固定する為の部品を置いて上から押します。すると出来上がりです。そして、ここから接着剤を使って自分の好きなレースやスパンコールなどを取付て行くと完成です。留め具には穴が開いているので、そこを使って他の布に縫い付けることも出来ます。ですから、お弁当箱のベルトに付けたり出来ます。お母さんのコメントです、「使い古した布だったり、要らなくなってしまうだろう物が愛着ある物に生まれ変わって、大事にしてくれている所が良いと思います」。

ブログトップへ

・商品名は当サイト管理者が番組中の映像と問い合わせ先サイトを参考に推測したものです。
・サイト内の内容は放送日時点の内容です。
・製品を購入される、或いはサービスを受けられる際には各々の特性や使用上の制限等を
メーカー、販売会社に十分ご確認ください。

Sponsored Link