まちかど情報室のアイデアグッズ、便利グッズ





まちかど情報室 2015年7月14日:夏こそ “菌活”

アイデアグッズ、便利グッズを紹介する「まちかど情報室」の平成27年7月14日のテーマは「菌活で夏をのりきろうというアイディアです」です。

1———————

★このグッズは「キノコを手軽にカットできるスライサー」
製品名は「chef’n マッシュルームスライサー」
問い合わせ:飯田屋
電話:03-3842-3757


楽天(最安値)

菌活を意識してキノコを積極的にとっていると言う樋口さんです。「包丁でキノコを切ろうとするとコロッて転がったり端の方は手を切りそうになって怖いです」樋口さん。そこで、使っているのがこのグッズです。一見、大きなホチキスの様ですが、穴にマッシュルームを入れて握ると、すっと8枚に薄く切ることができます。これはキノコ専用で、薄い金属の板で押し切るという仕組みです。元々はプロの料理人用に作られていましたが、便利なので家庭向けに改良されました。樋口さんは舞たけで炊き込みご飯を作ったり、サーモンのソテーにシメジを使っています。キノコを細かくすることで香りをより多く楽しむことができます。
—————————————————-
樋口さんの感想です。
「包丁とまな板を使わずにフライパンの上で切って、すぐ炒めることができるのでたくさんキノコを食べようと思いました」

ブログトップへ

Sponsored Link

2———————

★このグッズは「料理に使えるミドリムシ」
製品名は「ユーグレナ緑茶パウダー」
問い合わせ:株式会社ユーグレナ
電話:0120-86-4907


楽天(最安値)

〓子供さんと二人でおやつの時間を楽しんでいる関田さんです。食べているものは一見、メロンパンの様ですが、実はミドリムシが入っているパンなのです。ミドリムシとは植物と動物の性質を持つ藻の仲間です。そのミドリムシを乾燥させてパウダーにした物を練り込んだ物が先程のパンです。ミドリムシが菌活である理由は、実験をしてみると、乳酸菌を含む牛乳を用意し、ミドリムシを加えたものとそうでないものとを比較すると、18時間経過するとミドリムシの入った方は、ヨーグルトになるのです。ミドリムシは栄養豊富なので、それを食べた乳酸菌が一気に増えたからだそうです。これこそ正に菌の活動を助けてくれます。菌活に役立つミドリムシのパワーに研究者たちも期待を寄せています。「緑虫が高い栄養価を持っている事からすると乳酸菌や腸内の善玉菌の増殖を助けることは可能だと思います。」と大阪府立大学教授、中野長久さん。関田さんはパン以外にも普段からミドリムシをとれる様にヨーグルトにかけたり、挽き肉と混ぜて料理に使っているそうです。パン以外にもドリンクやヨーグルトなどに使う食べ方が有ります。—————————————————-
関田さんの感想です。
「熱を加えても栄養素が壊れないので、いろいろ料理に使えて便利です。お腹の調子が整ってきたという感じで、毎日困る事は無くなったかなと思います」

3———————

★このグッズは「菌活がテーマの食事会」
製品名は「花菌活美腸体験ツアー」
問い合わせ:菌美女会事務局
メール:kibj.info@gmail.com

433 菌活を目的とした体操で、お腹に刺激を与える運動を1時間程こなして、向かったのはイタリアンレストランです。これは、お腹のエクササイズと食事がセットになったイベントです。菌活の効果がより高められる様に企画されました。料理は、スープには乾燥させた納豆をトッピングしたり、ヨーグルトソースや醗酵をさせたココナッツソースを使ったキノコのサラダが出てきます。他にもキノコを揚げてリゾットに加えたりと、コースの中でふんだんに菌活ができます。
—————————————————-
イベント企画会社、袖山洋子さんの感想です。
「次の日が体調が良かった、体が軽いです、とか、今日よりも明日の朝実感できると皆さんおっしゃっています」

参加者の感想です。
「運動後、吸収が良くなったところで良いものを食べられたので、おなかも動いている気がします」

ブログトップへ

・商品名はサイト管理者が番組の映像と問い合わせ先サイトを参考に推測したものです。
・サイト内の内容は放送日時点の内容です。
・製品を購入される、或いはサービスを受けられる際には各々の特性や使用上の制限等をメーカー、販売会社に十分ご確認ください。

Sponsored Link