まちかど情報室のアイデアグッズ、便利グッズ





まちかど情報室 2015年4月10日:車いすに便利です

アイデアグッズ、便利グッズを紹介する「まちかど情報室」の平成27年4月10日のテーマは「車いすでの生活に役立つアイデアです」です。

1———————

★このグッズは「車いすのフレームに取り付けると牽引できるグッズ」
製品名は「JINRIKI」
問い合わせ:株式会社JINRIKI
電話:050-5835-1000

肺の病気で車椅子を使い始めた船見さん85歳です。この日は介護スタッフに連れられて思い出の場所にやって来ました。かつて友人と歩いて登った山で、もう一度、上からの景色を見たいと思ったのです。「友達同士で写真を撮りに来て2、3人で回ったんです」と船見さん。でも、山の上に続く道は自動車が乗り入れられないので、使ったのはリヤカーの様な車椅子です。つまり、押すのでは無く引っ張るのです。これは車椅子の前の車輪を浮かして引っ張ることができる道具で、長野県の福祉用具メーカーが開発しました。国内で市販されている車椅子の殆んどに取付けられます。引く人は車椅子の前で足元の状態をしっかり確認しながら引っ張ることができます。では、引かれているご本人はどうでしょうか?「前で人が引っ張っているという安心感はあります」と船見さん。そして山頂に到着しました。「雄大っていうか素晴らしい」と見さん。船見さんは思い出の景色をじっくり楽しみました。これを考えたのは長野県の男性で、車椅子で生活している弟さんが居て、地震で避難する時に移動で苦労したそうで、もう少し避難しやすい物があれば良いなと考えて、リヤカーをヒントに開発したそうです。
—————————————————-
介護スタッフの感想です。
「多少、上り坂や下り坂でも押すより楽です。こういうのもあると便利です」


楽天(最安値)

ブログトップへ

Sponsored Link

2———————

★このグッズは「車いすのタイヤにかぶせるカバー」
製品名は「ホイルソックス」
問い合わせ:あい・あーる・けあ株式会社
電話:03-5660-7701

66歳の星さんは病気が原因でこどもの頃から車椅子で生活をしています。そして、外出から戻ってくると、いつもタイヤの汚れをふいているのですが、「床に砂などを運んでしまいます」と星さん。家の中にタイヤの汚れるを持込みたくない星さんが使い始めたのがこのカバーです。よく伸び縮みする生地で後の大きなタイヤにかぶせるます。そして、切って長さを調整できるのもあるので、車椅子に合せて大きさの違う前のタイヤにも使えます。つまり部屋に入る時にタイヤにスリッパを履くような感覚です。濡れたタイヤに被せても内側が水をはじく素材なので染み出てきません。
—————————————————-
星さんの感想です。
「床の汚れが全然違います。他人の家に行った時に、そこでつけて入れるので気が楽です」


楽天(最安値)

3———————

★このグッズは「ペダルが付いた足でこぐ車いす」
製品名は「Profhand(プロファンド)」
問い合わせ:株式会社TESS 問合せセンター
電話:050-2018-0677

米澤さんはパーキンソン病で手足の自由が徐々にきかなくなり、去年から電動車椅子で生活しています。「ほっておくと筋肉が硬くなって寝たきりになってしまう事もあります」と米澤さん。そこで、米澤さんが週に2回、足の筋肉トレーニングに使っているのが、東北大学の研究チームが開発した、足で進む車椅子です。つまり、車椅子で生活しながら運動機能の回復をはかろうと言うアイデアです。手元のハンドルで後の車輪の向きを変えて、好きな方向に進めます。歩くのが難しい人でも少ない足の力で動かすことができます。こうして筋肉の力を保ったり高めたりして行こうと言うわけです。
—————————————————-
米澤さんの感想です。
「手でこぐのと違って脚なので力が有ります。少し脚力がついて来た様に思います」


楽天(最安値)

ブログトップへ

・商品名はサイト管理者が番組の映像と問い合わせ先サイトを参考に推測したものです。
・サイト内の内容は放送日時点の内容です。
・製品を購入される、或いはサービスを受けられる際には各々の特性や使用上の制限等をメーカー、販売会社に十分ご確認ください。

Sponsored Link