まちかど情報室のアイデアグッズ、便利グッズ





まちかど情報室 2015年12月2日:年賀状でごあいさつ

アイデアグッズ、便利グッズを紹介する「まちかど情報室」の平成27年12月2日のテーマは「こだわった年賀状を書くのに役立つアイデアです」です。

1———————

★このグッズは「筆のような太い字が書ける万年筆」
製品名は「ふでDEまんねん」
問い合わせ:セーラー万年筆 株式会社
電話:0120-191-167


楽天(最安値)

会社員の関根さんは、「年賀状は筆で書きたい」と考えています。「自分が未熟なのもあるけれど、腕を全体的に使うので疲労が多くなります」と関根さん。そこで、この万年筆を使っています。でも、ただの万年筆ではなく、ペンの先に特徴が有ります。先端が曲がっていて跳ね上がる様な感じになっています。これで書いてみると、筆の様なちょっと太い線が書けるのです。万年筆の角度を変えれば太い線だけではなく細い線も書く事ができます。関根さんはこの万年筆で来年の干支の猿を上手く書きました。
—————————————————-
関根さんのコメントです。
「新年のお祝いですから太い字で書けたら、お祝いごとの感じがしていいと思います。たっぷりインクが乗った字を書きたい時に思った様に書けます」


アマゾン(最安値)

ブログトップへ

Sponsored Link

2———————

★このグッズは「縦書きの宛名を揃えられる定規」
製品名は「スットカケール」
問い合わせ:株式会社 ハン六
電話:0120-43-1185


楽天(最安値)

会社員の梶野さんが年賀状の宛名を手書きで、しかも縦書きにこだわって書いています。でも、普段書き慣れないので、どうしても曲がってしまいます。そこで、今年の宛名書きはこの定規を使っています。はがきがズレない様にぴたっとはめることができます。そして、相手や自分の住所を書くところだけ四角く空いていて、定規の黒い点線を意識して書いて行きます。すると、先程よりも自然と真っ直ぐ書けるようになります。又、定規には数字が書いてあり、相手の名前が4文字の時は、4の線の大きさで、3文字の時は3の線の大きさで書くとバランス良くなる様になっています。
—————————————————-
梶野さんのコメントです。
「どこかに手書きの文字が有る様にこだわっています。字が下手でもおさまって綺麗に見えます」

3———————

★このサービスは「顔写真をサルにアレンジするサービス」
製品名は「さるみっくす」
問い合わせ:日本郵便株式会社
電話:0120-23-28-86

477 徳武さん親子。お母さんが年賀状に使う写真を撮影しています。「来年は申年なのでお猿さんにちなんだかわいい年賀状を作ろうと思っています」とお母さん。徳武さんは顔を撮った写真を無料で使えるウェブサービスで加工します。先ず顔のサイズを合わせて、目と口の位置を指定します。その画像を送信すると1分程で猿の様な形に加工されます。娘さんの写真がメガネ猿に変身しました。この画像を使ってオリジナルの年賀状が完成しました。猿の種類は、オラウータン、ニホンザルなど8種類有って、どれになるかはお楽しみです。又、元の画像から猿の顔に変わる様子を動画で楽しむこともできます。これは日本郵便のホームページから無料で利用できます。
—————————————————-
徳武さんのコメントです。
「すごく簡単にできるし、無料でたくさんのお猿さんとの合成写真ができるので良かったです」

ブログトップへ

・商品名はサイト管理者が番組の映像と問い合わせ先サイトを参考に推測したものです。
・サイト内の内容は放送日時点の内容です。
・製品を購入される、或いはサービスを受けられる際には各々の特性や使用上の制限等をメーカー、販売会社に十分ご確認ください。

Sponsored Link