まちかど情報室のアイデアグッズ、便利グッズ





まちかど情報室 2015年11月10日:足元 快適に

アイデアグッズ、便利グッズを紹介する「まちかど情報室」の平成27年11月10日のテーマは「足元をケアし 快適にしてくれるアイデアです」です。

1———————

★このグッズは「丸いコブがあるので緩みにくい靴紐」
製品名は「キャタピラン」
問い合わせ:株式会社ツインズ
電話:047-449-8380


楽天(最安値)

家族でよく運動する竹垣さん一家です。でも運動して気になるのが、「靴紐がほどけてしまうんですよ。年寄りは転ぶのが一番怖い」とおばあちゃん。運動していてほどけた紐を踏んでしまうととても危険です。そこで使っているのがこの靴紐で、特徴は、1cm 間隔にある丸いコブです。これは引っ張ると伸びて、真っ直ぐになります。ですから穴にもスルスルっと通すことができます。そして丁度良い長さになったら、手を離せばコブが元の形に戻って、紐が緩まない様に留めてくれます。そして、くり返し引っ張っても切れにくいようにゴムとナイロンを編んで作ってあります。運動する時に、当然、紐に負荷がかかるからです。そして、紐の余った部分は編み込んだ所にはさんでおけば走る時に邪魔にもなりません。因みに、足の甲だけ緩めにすることもでき、足首をしっかり締めておけば走っても脱げにくいのです。
—————————————————-
長男のコメントです。
「走っても歩いてもコブがずれないので、足にフィットした状態が保てるので良いと思います」

岡部さん(おばあちゃん)のコメントです。
「年寄りでも脱ぎ着が簡単で楽です」

000

キャタピラン

アマゾン

ブログトップへ

Sponsored Link

2———————

★このグッズは「かかとの保湿を助けてくれるスリッパ」
製品名は「おやすみ前のかかとつるつるゆびぐっぱ」
問い合わせ:株式会社ほんやら堂
電話:027-384-2181


楽天(最安値)

主婦の米倉さんは、この時期、いつも悩まされるのがかかとの乾燥です。「普段はクリームを塗って、普通の靴下を履いているんですが、靴下がクリームを吸う気がして余り効果が無いです」と米倉さん。そこで、使っているのがこのスリッパです。ポイントはかかとの部分で、保湿性の高いウレタン素材になっているので、クリームを塗ってから履くだけで、他の事をしていてもかかと全体を包みこんでパットしている様な状態になります。米倉さんは毎日このスリッパを履くようになってから、かかとの乾燥が目立たなくなったそうです。
—————————————————-
米倉さんのコメントです。
「べたべたしないし、スリッパなので歩きながら何でもできますし、これからの季節は欠かせません」


アマゾン(最安値)

3———————

★このグッズは「土踏まずを支えてくれる中敷き」
製品名は「リゲッタルーペ」
問い合わせ:シューズ・ミニッシュ
電話:06-6755-2430


楽天(最安値)

フリーライターの山崎さんは歩くことが多いので、夕方になると足がむくんでしまうそうです。そこで、この中敷きを使っているそうです。これの特徴はアーチ型の部分で、履いた時にこの部分が丁度、土踏まずに当たるようになっています。普段歩く時、体重はつま先や親指のつけ根辺りに集中して掛かっています。でも、この中敷きを使えば、土踏まずを支えながら歩くので、足裏全体で歩けるようになり、疲れにくくなるのです。山崎さんはたくさん歩く時もお気に入りのヒールを履いて仕事ができる様になったそうです。これを考えたのは大阪の靴職人で、長時間歩いても疲れにくい靴を作っていましたが、手持ちの靴でも疲れにくくなったら良いと思って開発したそうです。かかとの穴がポイントで、ここにかかとが引っかかって靴の中でソールがずれるのを防いでくれるので、ヒールの靴で、ちょっと斜めになっていても前に行きにくいように工夫されています。
—————————————————-
山崎さんのコメントです。
「簡単につけ替えられるので、いろいろな靴に応用して楽に履ける様になったのが良いところです」
000

リゲッタルーペ

アマゾン

ブログトップへ

・商品名はサイト管理者が番組の映像と問い合わせ先サイトを参考に推測したものです。
・サイト内の内容は放送日時点の内容です。
・製品を購入される、或いはサービスを受けられる際には各々の特性や使用上の制限等をメーカー、販売会社に十分ご確認ください。

Sponsored Link