まちかど情報室のアイデアグッズ、便利グッズ





まちかど情報室 2014年9月24日:秋の行楽シーズン

アイデアグッズ、便利グッズを紹介する「まちかど情報室」の平成26年9月24日のテーマは「秋の行楽シーズン、屋外で使える楽しいアイデアをご紹介します」です。

1———————

★このグッズは「持ち運びができるちゃぶ台」
製品名は「ノダテチャブ」
問い合わせ:ライフスタイルショップビープレゼ
電話:0242-27-3200

福島県で旅館の女将をしている南部さんです。今日は友達と山にお茶しに行くそうです。車で向かった先は猪苗代湖が見渡せる高台です。そしてバッグの中から取り出したのはちゃぶ台です。天板と足がセットになっていて、重そうに見えますが、全体で3kg程です。そして足の部分は曲げることができて、天板に彫ってある溝に曲げてはめ込みます。そして裏返して、片方の脚も付けて伸ばすと円形のちゃぶ台になります。これは、東日本大震災で被害を受けた福島県の家具職人の方が作ったものです。きっかけは南相馬市に避難をしていて、そこで家具メーカーの社長と、何か福島で良いものが作れないかと考えて作ったそうです。天板は桐の木を使っていて、漆が塗ってあります。南部さんは高台で友達と野点を楽しんだりワインを楽しんだりしています。これは、会津地方の漆の職人さんが最後に仕上げをしています。伝統の技術を新しい製品の中に生かして広げて行きたいと言う事です。
—————————————————-
南部さんの感想です。
「どこに持ってきても風情があるし、重厚感があるのに軽いです。バッグに入れてどこでも持って行けるので楽しんでいます」
Sponsored Link

2———————

★このグッズは「おにぎり専用のポーチ」
製品名は「どっとポーチおにぎりポーチ」
問い合わせ:株式会社アイアップ
電話:03-5467-5066


楽天(最安値)

おにぎりが大好きという大学生の金さんです。そして、おにぎりを作った後はこれに入れるそうです。裏地はアルミの断熱素材で、おにぎりをアルミの方に乗せてファスナーを閉めるとおにぎり型のポーチになってしまいます。今日はお天気が良いので近くの公園でおにぎりを食べます。食べる時にはファスナーを開いて、ひっくり返してランチョンマットの様な使い方ができます。食べた後は手を洗って、タオル地になっている方で手をふくこともできます。因みに、三角なのでサンドイッチも綺麗に入れることができます。
—————————————————-
金さんの感想です。
「おにぎりを普通にカバンに入れるより型崩れしないので気に入っています」

3———————

★このグッズは「天井が開いて夜空を見ながら寝られるテント」
製品名は「ほしぞらテント」
問い合わせ:ーズ株式会社
電話:06-6732-4310


楽天(最安値)

川島さん親子が、最近ちょっとしたご近所キャンプに使っているのがこのテントです。ワンタッチで開くテントです。これから空気も乾燥し、いろいろなものが見やすくなるので、星を見るのに良いのです。その為に上が開くのです。でも、本当に開いてしまうと虫が入ってきますが、メッシュ生地になっているので虫が入って来る心配もありますね。上もメッシュ生地だし、出入口も閉めてしまうと虫が入って来ることが有りません。
—————————————————-川島さんの感想です。
「子供と一緒に星空とか見たりするのにすごく良いです。楽しく会話をしながら見られるので良いと思います」

ブログトップへ

・商品名はサイト管理者が番組の映像と問い合わせ先サイトを参考に推測したものです。
・サイト内の内容は放送日時点の内容です。
・製品を購入される、或いはサービスを受けられる際には各々の特性や使用上の制限等をメーカー、販売会社に十分ご確認ください。

Sponsored Link