まちかど情報室のアイデアグッズ、便利グッズ





まちかど情報室 2014年9月1日:“もしも”に備えます

アイデアグッズ、便利グッズを紹介する「まちかど情報室」の平成26年9月1日(月)のテーマは「きょうは防災の日、非常時に役立つアイデアをご紹介します」で、防災に関するアイデアです。

1———————

★このグッズは「水で発電できる懐中電灯」
製品名は「エコ懐中電灯 ~水電池~」
問い合わせ:三嶋電子株式会社
電話:03-3293-4791

190 会社員の石田さんは台所の床下に非常用の水、缶詰などを保管していますが、そんな石田さんに、去年、困った事が有りました。「落雷で電気が消えて懐中電灯を使おうとしたらつかないのです」と石田さん。つまり、電池が放電して切れてしまっていたのです。そこで、備えたのはこの懐中電灯です。中身を見ると、緑色の部品が有り、これが電池で、その中には特殊な電解質が入っていて、そこに穴が開いていて、この穴を5秒程水に浸けるとLEDライトが光るようになります。一度水に浸けるだけで、100時間程連続して使える様になります。これは海水、雨水、ジュースなど水を含んだ液体であれば点灯します。
—————————————————-
石田さんの感想です。
「飲み水だけで無くて、水があればつくという安心感があります」
Sponsored Link

2———————

★このグッズは「クッション部分が取り外せる椅子」
製品名は「d.a.t 防災スツール」
問い合わせ:山形大学工学部バイオ化学工学科
電話:0238-26-3156


楽天(最安値)

学生さんたちのアイデアです。実は椅子ですが、いざと言う時に役立ちます。もし地震が来たらクッションの部分を外して頭に被ることができるのです。いつも座っている椅子であれば緊急の時にも素早く持ち出せるのです。考えたのは山形大学工学部の学生の皆さんです。防災用品を開発する授業で、去年宮城県石巻市を訪れました。そこで、住民の皆さんに聞き取り調査を行いました。「避難先は体育館が多く硬い床の上で過ごさなくてはいけないので辛い、と言う声が多かったです」と志藤さん。そこで、厚手のクッションがすぐに持ち出せれば避難先でも役立つと考えたのです。頭に被って逃げ、床に置いて座布団の様に座ったり、横になって枕にも使えます

3———————

★このグッズは「4か国語で避難誘導できるメガホン」
製品名は「MLI タッチメガホン AE-T4M 」
問い合わせ:エジソンハードウェア株式会社
電話:11-748-6677


楽天(最安値)

海のそばにある車のショールームです。ここには外国人のお客さんも数多くやってきます。そこで、備えているのが、ちょっと大き目のメガホンです。これは災害の時に外国人にも呼びかけることができるのです。「津波が来ます。至急、安全な場所に避難して下さい」とメガホンが話しました。英語で話しているのですが英語の他にも韓国語、中国後も話せます。つまり、4ヶ国語で避難誘導をしてくれるのです。これがあれば、外国人のお客さんにも安心です。登録されている音声の種類は300種類以上あり、地震や津波、台風や建物の火災などにも対応してアナウンスが流れるようになっています。そして、停止のボタンを押すまでは繰り返し再生されるので、避難をした後も引き続き誘導の言葉が流れます。このメガホンは駅で地震を体験した開発メンバーの人のアイデアです。駅の係員が鉄道の運行状況をメガホンで伝えているのですが、言葉の分らない外国人の人が戸惑っている姿を見て、こういうメガホンが作れないかと考えて作ったそうです。
—————————————————-
中国人客の感想です。
「日本語が分らないと不安なので便利だと思います」ショールーム防災担当、川嶋さんの感想です。
「万が一の時、情報をしっかり伝えることが一番大事な部分だと思いま」

ブログトップへ

●商品名はサイト管理者が番組の映像と問い合わせ先サイトを参考に推測したものです。
●サイト内の内容は放送日時点の内容です。
●製品を購入される、或いはサービスを受けられる際には各々の特性や使用上の制限等をメーカー、販売会社に十分ご確認ください。

Sponsored Link