まちかど情報室のアイデアグッズ、便利グッズ





まちかど情報室 2014年11月4日:自転車で通勤 快適に

アイデアグッズ、便利グッズを紹介する「まちかど情報室」の平成26年11月4日のテーマは「自転車が大好きな人のためのアイデアをご紹介します」です。

1———————

★これは「衣類を乾燥できる自転車ステーション」
問い合わせ:HIBIYA RIDE
電話:03-3591-1462

305 朝の東京大手町、都内屈指のオフィス街です。その近くを走る自転車が入って行くのは、地下駐車場です。つまり、駐車場に自転車が入るのです。この駐車場の一角に去年、およそ120台の自転車が留められる駐輪場ができました。利用者の多くは自転車通勤をしている会社員の皆さんです。この方は毎朝6時に自宅を出発しているそうです。「自宅から20kmちょっとあります。大体1時間ぐらいですかね」とこの方。自転車を留めた後に、受付を通って向かった先はシャワールームです。ここで汗を流して、さっぱりして仕事に臨むことができます。この方は月単位で利用契約をしていて、専用のロッカーにスーツを入れていて、脱いだウェアーは洗って脱水機にかけた後、乾燥室に預けることができます。そして、一日終わって夕方6時に仕事が終わった後はここで着替えます。乾燥室に干してあったウェアーはバッチリと乾いています。
—————————————————-
この方の感想です。
「自分自身が汗かきなので、そのままだと着にくいです。洗って干せる施設があるので重宝します」
Sponsored Link

2———————

★これは「自転車ショップ内にある自転車ステーション」
問い合わせ:テラピスタ サイクルガレージ
電話:03-6277-6543

 306 東京タワーの近くにある自転車専門店です。この店にも駐輪場、シャワー、そしてロッカーが整備されて、朝7時半のオープンから自転車通勤をする人たちが大勢利用しています。この店のポイントは整備士の方がいる事です。自転車を預けている間、修理や点検をしてくれます。「朝、自転車を預けた時に調子が悪い部分は、夜、帰る時までには見つけて修理して、帰りに快適に乗って頂ける、そのメリットが一番大きいと思います」と、自転車安全整備士の長山さん。
—————————————————-
利用者の感想です。
「大体、何とかしてくれるので助かっています」

3———————

★これは「スポーツバイクの運転テクニックを教えてくれる学校」
問い合わせ:東京都自転車競技連盟
メール:fukyu.tcf@gmail.com

 307 通勤などでスポーツタイプの自転車に乗りたいけれど、ちょっと運転に自信が無いという人のための自転車教室です。「ちゃんとした乗り方などを教わった事なかったので、1から学んでみたいなと思って参加しました」と参加者。スポーツタイプの自転車はスピードが出やすいので、大きな事故につながる危険性が有ります。事故を防ぐための運転マナーと技術をここで学びます。「ちゃんと習得して下さい。皆さんの回りの人の命も守ります」と指導員。初心者にとって難しいのはブレーキのかけ方です。「体重を後ろにかける、後を重くすると言う事が大事です」と指導員。つまり、ブレーキを掛ける時はお尻を思いっきり後に引いて、後に体重をかけるとしっかり止まれるそうです。「こちらが重くなったから前ブレーキを思いっきりかけても上がらなかった」と指導員。練習を繰り返すこと1時間、皆さんは少しずつコツをつかんで来た様です。最近は中高年にもこの様なスポーツタイプの自転車が人気で、定年後に趣味で始める人も多いそうです。但し、スピードが出やすいので安全に運転するのは技術が必要だと言う事でこの様な学校が必要とされています。この教室も30人の定員でいっぱいになる事が多いそうです。
—————————————————-
男性参加者の感想です。
「ブレーキを思い切ってかけるという自信がつきました」女性参加者の感想です。
「周りにも配慮して乗れるようになればと思います」

ブログトップへ

・商品名はサイト管理者が番組の映像と問い合わせ先サイトを参考に推測したものです。
・サイト内の内容は放送日時点の内容です。
・製品を購入される、或いはサービスを受けられる際には各々の特性や使用上の制限等をメーカー、販売会社に十分ご確認ください。

Sponsored Link