まちかど情報室のアイデアグッズ、便利グッズ





まちかど情報室 2014年11月12日:英語 楽しく学ぼう

アイデアグッズ、便利グッズを紹介する「まちかど情報室」の平成26年11月12日のテーマは「小学校でも必修化された英語を楽しく学ぼうという取り組みをご紹介します」です。

1———————

★「小学校の授業に英語を取り入れる取り組み」

問い合わせ:総社市教育委員会 学校教育課
電話:0866-92-8358

 315 子供達の英語が飛び交っているのは岡山県の公立の小学校です。今年4月から全学年が英語を学ぶと言う特別カリキュラム導入しました。1・2年生は週2回の通常の音楽の授業に英語を取り入れています。リズムやメロディに合せて、先ず英語の音になれることから始めています。英語を学んでまだ半年ですが、かなり話せるようになっています。つまり、覚えた単語を皆で使おうとしているのです。ここでは卒業までに英検4級、中学2年生の英語力を目指しています。同じ地域にある幼稚園や中学校でも特別な英語教育を文部科学省から認められていて、英語トークとして注目されています。
—————————————————-
1・2年担当、設楽先生の感想です。
「やはり小さい時の方が聴く力が強いので、より伸びる部分があると思います。すすんで英語に触れるのは良いな、使って見たいという気持ちを大事にしたいと思います」
Sponsored Link

2———————

★「英語で化学実験を行いながら学べます」

問い合わせ:栄光サイエンスラボ高田馬場校
電話:03-5291-1292

 316317 東京都内にある学習塾です。白衣を着て、小学生に理科の実験を英語で教えているのです。「今日の授業は面白いですよ、光センサーで輝かせよう」と講師の先生が英語で話しかけます。理科の実験で英語を使う理由は、自分で見たり触ったりして理科の楽しさと共に体験的に英語を学ぶことが狙いだそうです。3年前にスタートして、現在、首都圏の6ヶ所で行われています。「ここを持って、こういうふうにねじって見て」と一人の生徒。ここでは子供同士も英語で話さなければなりません。ある程度の英語力が必要となりますがで、参加を希望する子供達は年々増えているそうです。
—————————————————-
男性の生徒の感想です。
「実験が面白くて楽しいし、科学者になりたいです」

3———————

★「英語でアートを学べます」

問い合わせ:トムトムイングリッシュ
電話:042-748-5711

 318 神奈川県にある英語のアート教室です。ここには小学校に入る前の子供達も通っています。「これは何色?」と先生が尋ねると「ブラック」と生徒が答えています。「茶色だよ、君の服と一緒だね」と先生が話しますが、すべて英語です。絵や工作を教えているのはオーストラリアの大学で美術を学んだ先生です。「切ってもいいんだよ、ハサミ使う?今にする?後にする?」と生徒に英語で尋ねています。先生は、現地のアートスクールの様に子供達と対話をしながら個性や表現力を伸ばそうとしています。
—————————————————-
保護者の感想です。
「英語だけかたくなに教えるより絵を通してやる方が子供にとってはなじみやすいし、非常にいいアイデアだと思います」

生徒の感想です。
「たまに話してることが難しいかな、なんとなく分る・・・」

もう一人の生徒の感想です。
「色んな英語がわかって楽しい」

ブログトップへ

・商品名はサイト管理者が番組の映像と問い合わせ先サイトを参考に推測したものです。
・サイト内の内容は放送日時点の内容です。
・製品を購入される、或いはサービスを受けられる際には各々の特性や使用上の制限等をメーカー、販売会社に十分ご確認ください。

Sponsored Link