まちかど情報室のアイデアグッズ、便利グッズ





【虹を手軽に楽しめる噴霧器、野菜などを使った虹色のようかん、虹色の炎がでるキャンドル】虹ってステキ:2013年2月27日

最近、私は虹を余り見た事がありません。虹がよく見えるのはどの季節なのでしょうか?子供の頃にはよく見た様な記憶が有りますが、その様に感じるのは、子供の頃は虹が珍しかったからかも知れません。そう思うと、子供の頃の純心な気持ちが失われている様に感じて寂しい気もします。そこで、、アイデアグッズ、便利グッズを紹介する「まちかど情報室」の平成25年2月27日(水)のテーマは「生活に虹色を取り入れて明るく楽しく!というアイデアです」で、虹に関するアイデアです。

1———————
★このグッズは「虹を手軽に楽しめる噴霧器」で
製品名は「虹の鳥」です。
問い合わせ:株式会社はちみつクリエイト、電話:03-3936-1510
楽天、アマゾンで扱いが有ります。


楽天最安値

◆まちかど情報室の放送内容
前元さん親子が公園で皆とシャボン玉で遊んでいます。そして、このグッズで虹を作って遊びます。先ず、ボトルに水を入れて、太陽を背にして水を吹き出すと綺麗に虹ができます。この時は小さい虹しかできませんが、吹き出し口を取り外して長いノズルに取り替えると大きな虹が楽しめます。このポンプを使った虹の作り方は、先ず最初に30回程プッシュして、中にいっぱい空気を入れて圧力を高めておきます。その後、スイッチを入れると霧が連続噴射して長い虹を1分程楽しむことができます。前元さんのコメントです、「自然ではなかなか見られないので面白かったです。秘密の道具みたいな感じで大人がワクワクしますね」。

 

2———————
★このグッズは「野菜などを使った虹色のようかん」で
製品名は「虹色羊羹」です。
問い合わせ:愛collectionノア、電話:095-823-6707
楽天で扱いが有ります。


楽天最安値

◆まちかど情報室の放送内容
岩本さんがお茶を入れて、七色の羊羹を食べています。「野菜の味がしておいしいです」と、ごちそうになっている友人が話しています。この羊羹の材料は7種類の野菜で作っています。例えば、オレンジは人参、黄色はトウモロコシ、緑は豆などで作っています。それぞれの野菜をすり潰して、白餡と混ぜて、この先は手作業で一色一色重ねて行きます。すると七色の羊羹の完成です。この7種類の野菜にたどり着くまでに40種類試したそうです。そして、美しい色が出て、味の美味しいものを選んだそうです。これを食べればお茶の時間がひときわ華やかになります。岩本さんのコメントです、「七色の虹、ロマンが有って良いわ。人参は人参、コーンはコーンらしい味がするし、一つ一つ食べたくなるわね」。

 

3———————
★このグッズは「虹色の炎がでるキャンドル」で
製品名は「レインボーキャンドル」です。
問い合わせ:株式会社 松平製作所、電話:076-267-1710
楽天で扱いが有ります。


楽天最安値

◆まちかど情報室の放送内容
角さんの娘さんが3歳になって、皆が集まって誕生会を楽しんでいます。そして、お母さんが火をつけたのはケーキのローソクでは無くてこのローソクです。すると、炎が紫、赤、黄色、緑などの色になって燃えています。燭台の中に入っていたのは固形燃料で、銅やリチウムなどの金属の粉を固めた物です。金属は燃やした時にそれぞれ炎の色が違います。この性質をいかして、金属を混ぜ合わせてみたら虹色の炎が出来上がったと言う事です。これが1本あればパーティーがきっと盛り上がることでしょう。角さんのコメントです、「びっくりしたというか、こんなものが有るんだって思いました。かわいいし、みんなに教えてあげたいな」。このローソクを考えついたのは神奈川で鉄工所を営んでいる方で、金属の専門家です。最初に考えたのは一色ずつのローソクでしたが、これを全部混ぜたらどうなるか?と思って混ぜてみたら、この虹色のローソクが完成したそうです。燃焼時間は4分の物から長いものでは1時間の物まで準備されています。

 

ブログトップへ

Sponsored Link